FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主様の深まりと次回逢瀬日の決定

日々の遠隔調教も厳しさを増しています。
いつもの夜のスカイプでの会話の中で
主様:「来月私用で関西方面に行く」
繭華:「はい、楽しまれて下さい」
主様:「抱かれに来い」と仰られました。
いきなりの事で、驚きと嬉しさと・・・ですがこの月は激務で日程の調節が付かずにいました。
主様にお会いしたい、滅多にない泊りです、ですがどうしても難しく悩んで
主様にその月の全ての予定を告げ、難しいことをお伝えしました。
そんな繭華に「関係ない、私が抱きたいといってる」
そのお言葉を聞いた瞬間、心が蕩け迷いがなくなりました。
主様と出会い、様々な大切なお言葉を頂いていますが、
「私が抱きたい」は初めて頂いたお言葉で心が蕩けてしまいました。
主様からの繭華への更なる深まりを感じた瞬間でもありました。
前回からの逢瀬の間隔がまた縮まりました。
主様の元へ帰省してまいります。






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

主様との逢瀬 その11 ホテル調教 その5(深まる愛の中で~噛み逝き)

ご奉仕の騎乗位で逝き狂わされてる私に69の体勢になるよう命ぜられました。
そして、「クリを噛んでやる!」と・・・私はその間勿論ご奉仕です。
それから鞭と針やスパンキングで腫れあがったクリを千切れる程強く噛まれました。
私は思わずあまりの激痛に悲鳴を上げてしまいました。
すると主様は「ご奉仕をやめるな」と太ももあたりにスパンキングを入れて下さいます。
そして再び、思いきり噛まれます。
痛みが強いほど愛は深い・・・頭でわかっていてもあまりの激痛に泣き狂ってしまいます。
嬉しさと激痛で何も考えられなくなります。
そんな私をいきなり押し倒されます、そして、ペニス様をおまんこへ深く突きさして挿入して下さいます。
途端に快楽で頭が真っ白になり何度も逝き狂ってしまいます。
そして途切れる事のない深い逝きに「もっと下さい」と何度も懇願してる自身がいるのです。
それに対して「おかしくなるぐらい逝き狂え!」と仰って下さいます。
深まる愛の中、繭華の密壺の中にサプライズで主様の精子様を放出して下さいました。
この精子様は毎回は中には頂けません、ですので繭華にはとても特別なサプライズなのです。
心の中で主様に感謝させて頂きながら満たされてゆきました。
暫く休まれた後、お風呂にお湯をはり、ご一緒させて頂きました。
今回は主様に後ろから抱きかかえるように浸からせて頂きました。
ですがこの体勢ですと主様の顔が拝見できないので何度も振り返り見させて頂きましたので
「これではこの体勢の意味がないな」と苦笑されてました。
お風呂から上がり、コーヒーを入れさせて頂き(二人ともブラックです)
身支度を整えホテルを出ました。
帰りの帰路は主様の心遣いで少し遠回りでの電車の経路となり
私は途中の乗り換えの所でのお別れになりました。
今回の逢瀬は調教時間6時間途中休憩なしというハードな調教でしたが
初めての経験もあり、少しは主様が私で満たされたら嬉しいと思いました。
20150629_133115-.jpg





主様との逢瀬 その11 ホテル調教 その4(いつもの特訓)

初めてのクリでの針で逝かせて頂いてる間にわずかにちくっとした違和感がありました。
逝き終わると「針を外したから見てみろ」と主様が仰られました。
逝かせて頂いてる間に針を外されたのでした。
「いつ外されたのかわかりませんでした」と申させて頂くと
「外し方には痛くするものと痛くない外し方がある」と教えて下さり
乳首の針を外すときに左は痛くない外し方、右は痛く感じる外し方をして下さいました。
その後、縄を解いて下さいます。
そして針痕に消毒を施して下さり、軽いシャワーの許可を下さいました。
シャワーを済ませ部屋に戻ると主様はベッドで全裸で横になられています。
主様のご休憩=ご奉仕です。
30分ほどペニス様へのご奉仕をさせて頂いてる間、主様は軽く睡眠を取られています。
おまんこもクリも乳首も主様からの深い愛を受け、腫れあがりヒリヒリとジンジンしています。
更に針痕の程良い痛みを感じさせて頂きながら、丁寧に隅々までご奉仕させて頂きます。
どんな痛みでも主様からの愛を深く感じて嬉しい気持ちに包まれます。
しばらくして主様が目を覚まされ、「繭華いつもの特訓だ」と命ぜられました。
初めはペニス様へのイマラチオご奉仕と騎乗位での挿入で各20回の内5回目毎で逝くのです。
しばらくさせて頂いた後、次は同じ内容で各20回の内11回目から20回目までは連続で逝かなければなりません。
最後は同じ内容で各30回の内11回目から30回目までの連続逝きです。
どの行為も主様が良いと言われるまで続き、敏速に騎乗位では回数を声を出して逝くときは毎回「逝きます」
と言わなければなりません。
少しでももたついたり声が小さいと叱咤を頂きます。
行為の途中、気まぐれで乳首を千切れる程捻じり上げて下さいます。
私は腫れあがった全ての場所で痛みを喜びに替えさせて頂きながら何度も逝かせて頂きました。








主様との逢瀬 その11 ホテル調教 その3(緊縛と針)

つかの間の主様のご休憩が終わり、立つように命ぜられます。
そして上半身を後ろ手に強く縛って下さいます。
クリ用の吸引器を出され腫れあがったクリへ装着して吸引させます。
そのままで主様がバッグから取り出されたのは針でした。
針は2013.12月の2回目の逢瀬の時に心のピアスとして乳首に施して下さった以来でした。
主様が針を出されたということは繭華に対する更なる愛が深まられたとの嬉しさと同時に
今回は乳首だけでは済まないという、覚悟を決めさせて頂きました。
いつもですがご調教の内容は知らされません。
立ったまま足を軽く開くよう命ぜられます。
口にはタオルが噛ませられました。
そして、「動くな 声を出すな」と静かに仰られました。
緊迫した空気が漂います。
両乳首を消毒綿で拭かれ
主様は静かに、なれた手つきで左の乳首から針を刺されてゆきます。
私は覚悟を決め、頭を空っぽにして主様される針の通過を待ちます。
途中痛い場所もありましたが歯を食いしばり、全てを委ねさせて頂きました。
同じようにして右の乳首も針を通過して頂きます。20150629_133142-.jpg

無事に済み、一旦噛まされたタオルが外され「見てみろ」と主様は仰られました。
しかし、これで終わりではありませんでした。
再びタオルが噛まされ、ソファーに腰を前に出し足を開いて座らされます。
クリへの針です;;
クリへは初めてです、鞭打ちで腫れあがったクリの吸引器を外され消毒綿で拭かれます。
恐怖も過りましたが主様に委ねさせて頂こうと心を決めさせて頂きました。
クリへの針も無事に通過し、ほっとしたのもつかの間そのままの体勢でおまんこへ
主様が指を出しれしてクリを上からつつかれます。
そのまま、「逝け!」と命ぜられ、私は初めてのクリへの針で、逝ってしまったのです。
20150629_133040-.jpg





主様との逢瀬 その11 ホテル調教 その2(ご奉仕と鞭)

大泣きしてる私にご奉仕をする様命ぜられました。
四つん這いで両手は主様の足で強く踏まれます。
大好きな主様の匂いを嗅ぎながら夢中でご奉仕をさせて頂いていると
不思議と安堵と嬉しさの涙でぐちゃぐちゃになります。
そんな私に「ペニスは繭華のおしゃぶりだな」と仰られました。
その安堵もつかの間、部屋中に響き渡る音・・・
厳しい鞭打ちの始まりです;;
場所はランダムですが・・特におまんこと両乳房・・乳首に直撃です。
あまりの痛みに腰が引け、声を上げてしまいます。
するとすかさず「腰を引くな!声を出すな!」と叱咤を頂きます。
声を出してはいけないと命ぜられるのは今回が初めてです。
それだけ、厳しさを増してるのだと感じ、また、主の気持ちの深まりも伝わりました。
この鞭打ちだけで時間にして1時間以上はして頂いたと思います。
途中、あまりの痛みと厳しさに踏まれた手もじんじんして腫れ、腰が引けてしまい
主様の叱咤にも腰が上がらずにいました。
すると「やめるか?」と主様が問われます。
勿論辞めたくはありません、主様の厳しさは愛の深さです。
やめることは愛を受けられないことになります。
気持ちではもっと厳しい鞭打ちをして頂きたい・・・
でも、身体は悲鳴を上げてる・・・そのジレンマでの葛藤に涙が溢れて
「申し訳ございません、辞めたくないです」と体制を立て直します。
そして更におまんこや乳首に厳しい鞭が入れられます。20150629_131054.jpg

その度に声を押し殺し、ペニス様へのご奉仕を続けます。
すると主様から鞭を打たれるたびに声を押し殺してる私に「いい子だ」とお尻を撫でてくださいました。
しかし、ペニス様へのご奉仕が怠るとすかさず叱咤を下さいます。
最後に腫れあがったおまんこへの鞭を更に厳しく入れられながら「逝け!」と命ぜられました。
私は頭が白く意識が朦朧とする中、おかしくなりながら逝かせて頂きました。
鞭打ちが終わりふらふらになった私に休む間もなく
ソファーに座られてる主様のペニスにバックで挿入する様命ぜられました。
久しぶりの主様のペニス様の挿入にいれたとたん逝き狂います。
しかし、その快楽だけでは済まされるはずがなく・・・
同時に鞭打ちで腫れあがった臀部や背中に思いっきり強いスパンキングを絶え間なく下さりながら
「逝き続けろ!」と命ぜられました。
痛みでの快楽・・狂ったように逝き続けいつの間にか気を失いかけます。
それをスパンキングで戻して下さり、繰り返されます。
最後の絶頂で許して頂けた後、ペニス様だけ抜かれ四つん這いでの休憩を許されます。
その間主様は、四つん這いの私を足置きに使ってくださり、幸せな気持ちに包まれます。





主様との逢瀬 その11 ホテル調教 その1(クリ責めとビンタ) 

ホテルに到着し、主様は洋服を脱がれソファーに座られます。
私は主様の指示でキャミソール一枚になり、主様の前に立ち捲り上げます。
足を開くよう指示され、その瞬間主様がクリを思い切り弾かれました。
主様は何度も連続で弾かれながら「ちゃんと毎日の課題はしてるか?」と問われます。
「はい」とお答えさせて頂くと・・・「私がするぐらい強く弾いてるか?」
主様はお見通しの上でこの質問をされます。
「主様ほど強くは出来てないですが、させて頂いています」
「まあよい、今度からこの位強くしろ!」と命ぜられました。
私はこの間、痛みで腰が引けてしまいます。
「引くな!ちゃんと前に突きだせ!」と叱咤を頂きます。
暫くされた後、正座をするように促されます。
全裸になり正座のまま股を開き、剥いたクリを潰しと弾きでいつもの宣誓をさせて頂きましたこの時はすでに日々の課題でラビアは大きくなり、更に主様からの弾きでクリはジンジンしていました。
宣誓が終わると正座のまま、主様の足の間に入らせて頂き
今までにない激しいビンタを頂きました。
あまりの激しさで顔が横を向いたり、反応で目を瞑るとすかさず
「動くな!目を閉じるな!」と叱咤を頂きます。
片手での往復ビンタ、両手でのビンタ・・その音は部屋中に響きます。
私は涙が溢れる中嬉しい気持ちで一杯になりました。
そして今まで抑えていた気持ちが溢れ返って大泣きしてしまいました。
ビンタの後、すかさずニップルアクセサリーの上から乳首を思い切り潰し上げられ「逝け!」と命ぜられました。
あまりの痛みになかなか逝けずにいると「繭華、目を見ろ!」その瞬間逝ってしまいました。





主様との逢瀬 その11 待ち合わせと羞恥

日々のやり取りでの中で主様が「繭華をいじめたい」と申して下さったのです。
前回での逢瀬での深まりはかなりでその深まりに戸惑い不安定な状況でしたので
それも察して下さっての逢瀬だと感じました。
主様からの急なお申し出でしたが何とか都合をつけ、関西方面での待ち合わせに決まりました。

主様の到着されるホームへ早めに着くようにして、お待ちしていました。
服装は膝上のワンピースにノーパンで、素足です。
間もなくして主様がホームに降りられてこちらへ歩いてこられました。
穏やかな面持ちの主様でございました。
挨拶を交わし、ホテルへの道のりを、電車を乗り継ぎ向かいます。
道中歩いていくときは主様の横ではなく、自然と後ろを歩くようになっておりました。
人混みの中は時々、振り返って確認して下さいます。
乗り継ぎも電車が好きな二人ですのでとても楽しいひとときです。
お互い交わす言葉は少ないですが、心地のよい空気に包まれます。

そんな中満員電車の便に乗ることがあり、私は通路の真ん中で主様はその斜め後ろに立ちました。
いきなり、主様が後ろからスカートを捲り上げ、おまんこをいじめて下さいます。
周りは至近距離で人だらけです。
私は人目が気になりながら感じていました。
すると、20メートル程離れた所から、女の方がこちらを興味津々で見ていました。
私はすかさず「主様、気ずかれています」と報告させて頂きました。
主様はその方の様子を見ながらもすぐにはやめては下さいませんでした。
主様がその方を見てもその方はこちらを見るのをやめませんでした。
時間にして15分程でしたが、恥ずかしい中感じてる自身がいました。






プロフィール

繭華

Author:繭華
ブログ訪問有難うございます。
初心者Mで主様から真正だと言われました。
これから主様の色に染めていかれるそうです。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
繭華の逝き様

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
カテゴリ
訪問有難うございます。
閲覧して下さってるお客様
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6069位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
243位
アクセスランキングを見る>>
ブロ友様一覧

愛奴隷と呼ばれるために 〜pledge〜

SM動画データベース

M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

紆余曲折

アダルトブログ宣伝ブログ

大人の談話室 adult lounge

終わりなき妖艶雌達の物語

緊縛の館

青い首輪の女

CoCoの調教日記

天使の臓物

縄艶 Jouen

博士の性癖

人妻が風に吹かれた場合

椿は ぼとりと 地に墜ちた

癒縄 命羅のロープヒーリング

縄はM女だけ 鞭は愛情を込めて

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

ビーチサイドの人魚姫

M熟女satomiの淫乱日誌

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

絆☆遊誠会

時と場所を超えて

奥様はM女「マゾ」

人生一度。調教されてみませんか?

秘密の部屋

Naru&なな「調教記録」

大阪 日本橋 フェティシュSMクラブ Fetishi-sm フェティシズム 公式ブログ

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

マゾヒストからの視点

梨梨子の、ご主人様との事

性処理玩具みきの記録

四国は香川のアートな緊縛・縛り

沖縄SM~緊縛・調教・羞恥・快楽・絶頂・奴隷の世界~

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ゆかりのいろんな日常
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。