FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繭華の事 6

繭華の主です。

今回の逢瀬報告はいかがでしたでしょうか?
SMとしての調教内容としては派手さが無くかなり地味な調教に見えるかもしれませんね。
しかし実際にはS心を震わすほどの反応や仕草でした。
芝居や演技では無く全てを任せて委ねている姿勢はもの凄いものがありました。

今回は久々の調教と言う事で、始めから調教し直しかなとも思いましたが、
期待以上の真性度で意識を失いながらもしがみついてきました。
見方によっては厳しい調教かもしれません。
それでも繭華は迷う事無く私の物になりました。

奉仕させながらの鞭打ちは30分以上にもおよび、背中は勿論の事、腹や胸、お尻、おまんこにも
本気で打ちました。
それでも嫌がることなく、最後は逝きながら意識を失っていました

今回はあまり写真を撮っておらず皆様には残念な思いをさせております。
ビデオはまわしていましたので、上手く修正や編集が出来ましたら、UP致します。

私も繭華も皆様のご意見やコメントを楽しみにしています。
沢山のご投稿をお待ちいたしております。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

主様へのラブレター

この世界は深まるほど奥が深く底のない水海に堕ちてゆくようです。
貴方の発せられる言の葉の端々を漏らさず、いつも感じていたい。

身体中に強く刻み付けて頂いた爪痕や、厳しくなるほど程の
縄痕や鞭痕がいつまでも・・いつまでも・・消えないでいて欲しい。

それを見る度、貴方から頂いた本気の愛を思い出し、
辛さや痛みも、愛しさや切なさに変わるから・・・

貴方から頂いた溢れる想いを忘れない 永遠に・・・

日課での変化

主様からの毎日の日課の一つに電話調教があります。
それは電話でいつもの宣誓をさせて頂きその項目毎に
服従を誓い、その度に主様からの責めのお言葉を頂くのです。

いつもそれで逝かされていましたが・・
今日はまた、いままでにないくらいに深く・・・私が・・・
主様に反応して逝きました。DSC_740014-1.jpg


いままでは電話とはいえ、あまりの厳しさに(電話でも妥協されません;)
嫌;;と思うことも正直ありました。
ですが・・・今日はそれがありませんでした。
そのことに自分でも嬉しく思いました。
もっともっと深まり全てになりたいと思います。
その為には余計な感情はなくなりたいとも思いました。

逢瀬後・・・

逢瀬後まだ間もないのに毎日主様が恋しい私・・・

いつも主様の匂いを嗅いでいたい・・・

常に主様のペニス様にご奉仕していたい・・・

主様に縛られて鞭で打たれたい・・・

枷と首輪で監禁して頂きたい・・・

いつも主様を感じていたくて・・・

切なくて恋しくて欲しくて涙が出てしまう・・・

繭華は永遠に主様のものです。

ブログ訪問、リンク、ブロ友の皆様へ

拙いブログへの訪問、コメントいつも有難うございます。
主様と私は逢瀬の機会は遠距離の為少ないですが、
確実に深まっております。
お互い出会った頃から運命を全ての面で感じており
毎日の連絡はもちろんのこと、逢瀬毎では確実にご縁を感じるばかりでございます。
それはまるで磁石のような、初めから主と出会う為に生まれたのではないかと思うほどです。
調教の内容は私が初心者の為、戸惑う事や無意識に拒否してしまうこともありますが
主様はそんな私を全て受け入れ大切に育てて下さっています。
今後も暖かく見守って頂けたら嬉しいです。
相互リンク、ブロ友、コメントいつでも歓迎です。
これからも、宜しくお願い致します。

主様との逢瀬 5回目 (二日目 完結)

それからお風呂に入り、身体に付いた蝋を落としました。
その後、ベッドで休憩されてる主様に心を込めてご奉仕をさせて頂きました。
体中をくまなく舐めさせて頂き、フェラも丹念にさせて頂き幸せなひとときでした。

しばらくご奉仕させて頂きながらの休憩の後、再び調教ルームに行きました。
主様はそろそろ縛りをすると仰いました。しかも初めての吊りです。
私は緊張と期待が入り交ざっていました。
主様は吊る為に必要な個所を縛って下さいました。
それからロープをかけ吊って下さいました。
私は体中に食い込む縄に感じながらも痛みで感覚がありませんでした。
主様は丹念に縛りのチェックをされています。
私も大汗でしたが主様もすごい汗で大変な作業だと思いました。
そして縛られて吊られた私を主様は楽しそうに前後に揺らされます。

その時私は、急に主様に鞭を打って欲しくなりお願いしました。
今までは思っても口に出せない事ばかりでしたが、今回は自然に自分からお願いしてました。
そんな私のお願いを主様は快く許可して下さり、背中、おまんこ、お尻等
思いきり厳しい鞭打ちをして下さいました。
その鞭打ちは打たれる度に縄が食い込んで行きあまりの厳しさに獣のような声を上げ
と同時に快感がくるという不思議な体験をさせて頂きました。20140714_1.jpg


暫くして状況を見てくださり、主様は縄を解かれました。
縄を解いた後の身体は縄の痕がくっきりと残り、縛られた箇所はとても愛おしく感じました。
それからベッドへ行き主様は思いきり私が気を失うまで愛して下さいました。
その後、お風呂で主様の全身を丹念に洗わせて頂き、ホテルを後にしました。

帰りは夕方になっており、ちょっとしたドライブをしながら帰ろうと主様は仰って下さいました。
走っている湾岸線の先には夕焼けが広がり風車が回っており絶景でした。
私は主様のおそばにいさせて頂けるだけで今までにないほどの幸せな気持ちに包まれました。
そしてお昼を食べてない私と主様は早めの夕食をご一緒させて頂き
二日目の夜も主様の自宅に泊まらせて頂きました。

その日の夜はいつものご奉仕をさせて頂き、翌日私が帰らなければなりませんので
何もなく主様は寝ていました。しかし、私の方が急に主様が欲しくなり
胸元に顔を擦り付け匂いを嗅ぎながら何度も逝き狂い止まらなくなりました。
無意識のうちに主様に全てを支配して頂きたいと、切にお願いしていました。
底の無い愛が深まるのを感じ、本能からでた言葉でした。
その後は逝きながら気を失ったらしく、気が付けば朝でした。
主様は今回の逢瀬で私がその様な状態になることもわかってたと後から聞かされました。

3日目の朝、身支度と朝食を終え駅に送ってくださる途中、主様とお寺にお参りしました。
そこでは大切なことをお願いしました。
主様とはおみくじを引きました。二人とも吉でよかったです。
その後、駅まで送って下さいました。
今回の逢瀬はいままにない深まりが確認できて幸せな逢瀬になりました。

(完)


主様との逢瀬 5回目 (二日目その1)

二日目の朝、目が覚めると横には主様がいらっしゃいます。
とても幸せで普段離れてる方が不自然な位,
居心地がよく、落ち着くのです。

主様とは初めてお会いした時からずーと自然な深まりを感じ
その過程の中で5か月もお会い出来ませんでしたので
私の全てがかなり不安定な状態になっておりました。

朝の挨拶と宣誓をさせて頂き(これは日常です)ご奉仕させて頂きました。
朝からとても幸せです

その後、身支度と朝食を済ませ、主様の車で東京にあるアルファインという
SMホテルに向かいました。ホテルまでは2時間程かかります。
到着するまでの間、主様とは何気ない会話を交わしながら
私の心の中は、今から始まる久々の調教に緊張がMAXになっていました。
ホテルに到着して中に入りましたが、初めてのSMホテルでしたので
それだけで雰囲気に吞まれてしまい調教部屋の器具を見ただけで固まってしまいました。

そんな私を主様は調教部屋に促され椅子に腰かけられました。
私は主様のお膝元に正座し、いつもの様に宣誓をさせて頂きながら
ビンタを頂き、「宜しくお願いします」と床に額をこすりつけて挨拶をしました。
当然、頭の中は真っ白です。
主様は私の頭を踏みつけて下さりながら覚悟を促すお言葉を言われ、
鞭を打って下さいました。

その後、裸になり椅子に掛けられてる主様のペニス様にイマラチオをさせて頂きました。
主様は私の髪を掴まれ喉奥まで何度も突かれました。
私は嬉しさで涙、鼻水、涎、嘔吐でぐしゃぐしゃになりながら何度も逝かせて頂きました。
その間も厳しい鞭は続きました。背中をメインに、お尻、おまんこ、胸、お腹に容赦無くです。スナップショット 1 (2014-07-23 15-08)

それでも逝き続ける事が出来ました。

ご奉仕が終わり、主様は私を台の上に仰向けに寝かせ身体、両手、両足は
麻縄で固定され、喉奥には主様のペニス様を挿入された状態で
蝋燭を垂らして下さいました。
蝋燭は3回目になりますが、今回初めて灼けるような熱さに耐えきれず
途中で根を上げてしまいました。
そんな私の反応に主様は状況を察し、蝋燭は中断され縄は解かれました。20140714_41.jpg

私は申し訳なさで一杯になり、何度も謝りました。
主様は「蝋燭はその時の体調があるので次に頑張ればよい」との優しいお言葉を頂きました。
そんな主様のお言葉を聞きながら、次は期待に添えるよう頑張りたいと思いました。


主様との逢瀬 5回目 (一日目 その2)

食事が終わりホテルへ向かいました。

部屋に入り主様は熱いキスと厳しいビンタを下さり
その瞬間、頭が真っ白になり涙が溢れ出していました。
ふらふらになり倒れそうな私を強く抱きしめて下さり
服を脱ぐよう仰られました。

全裸になり、ベッドに腰掛けられてる主様のお膝元へ正座をさせて頂き
瞳を見つめながら宣誓をさせて頂きました。
一つの宣誓ごとに主様からの覚悟のお言葉の確認とビンタを頂きました。
このとき私はすでに意識がほとんどなく、逝き狂い
涎と鼻水と涙でぐしゃぐしゃになっていました。
おまんこは本気汁が床に大量に垂れていました。
宣誓後、ふらふらになってる私を立たせおまんこの割れ目を指で刺激して下さり何度も逝かせてくださいました。


それから私をベッドへ促され、主様は仰向けになられました。
しばらくペニス様にご奉仕させて頂いた後、上に乗り、入れるよう指示が出ました。
主の仰せのまま、上に乗り自らペニス様を入れさせて頂きました。
入れた瞬間、主様のペニス様は元々大きく逞しいので
久しぶりのおまんこにはきつく感じました。
そして主様はペニス様を下から何度も突き上げ、首筋から乳首、上腕、胸へ
千切れる程の強い噛みを下さいました。
初めての噛みを頂き、痛さより嬉しくて、もっと強くと思い何度も頭が真っ白になりました。
そして両乳首を潰れる程強く捻じりあげ「いけ」と仰いました。
その瞬間、激痛と共に大きな快感が押し寄せてきて、何度も逝ってしまいました。
しかし主様はそれだけでは許して下さいません。
何度も逝き狂い訳がわからなくなるまで続き、最後は壊れてしまい
涎や鼻水を垂らし獣のようになりました。
その後はしばらくは気を失っていたようでした。

気が付いて横にいて下さる主様とお風呂に入らせて頂き、ホテルを出ました。
それから夜の食事をご一緒させて頂き、その後予期しない嬉しいサプライズがありました。
主様が「今夜はうちに泊まろう」と仰ったのでした。
そうです、主様の自宅に泊まることになったのです。

主様の自宅では趣味でされてることを拝見させて頂いたり
ギターの弾き語りを聞かせて頂いたり、とても幸せで一層主様に惚れてしまいました。

就寝時は勿論、主様へのご奉仕です。自宅ですので声は出せません。
ペニス様に暫くご奉仕させて頂いた後、主様は私の首筋、肩、指先まで強く痕が残るほどの
爪を立てたり滑らせたりしてくださり、その痛みを感じる度に
主様の深い愛と運命の絆を感じ、何度も逝き狂い、声を押し殺すのが大変でした。

主様との逢瀬 5回目 (一日目 その1)

今回は2泊3日の逢瀬でございました。
今回の逢瀬はメンタル面での相当な深まりと覚悟を予感して
2日前からほとんど眠れない状態でした。

待ち合わせの場所は主様のお身体を考慮しなるべく主様の住む街の
近くまで行かせて頂きたく、許可を頂いておりました。
行くルートや時間は全て主様が決めてくださいました。

早朝家を出て着いたのは昼をかなり過ぎた頃でした。
待ち合わせの駅に着き、改札口へ向かうとその向こうに主様のお姿が見えました。
多くの人混みの中すぐに見つけることが出来ました。
主様はかなりスマートになり、一層素敵になられておりました。
軽く挨拶を交わし、車まで荷物を運んで下さいました。

それから主様の車の助手席に乗らせて頂きましたが
以前よりも素敵になられた主様とお逢い出来た嬉しさと切なさが込み上げてきて
恥ずかしくて主様の顔をまともに見ることが出来ませんでした。
2日寝れてないためか変にテンションが高いのと緊張の入り交ざった中
主様は私の右手の指を強く時々爪を立てながら愛撫し、車を走らせました。
私はそれだけで頭の中が真っ白になり、緊張でおかしくなりそうでした。

暫く走行した後、住宅街の道端に停車されました。
坂道で先には海があります。
また、周りにも景色を見るための車が何台も止まっています。
運転席に座られたまま主様はペニス様を出されご奉仕されるよう仰られました。
5か月ぶりの主様のペニス様です。
いつのまにか主様の匂いとご奉仕が大好きになっていた私は
嬉しくて夢中で喉奥まで咥え込みました。

ご奉仕の間何度も逝き続けるよう言われ、逝き狂っていました。
周りのことは初めの一瞬だけで、後は頭の中が主様だけになってしまい気になりませんでした。
暫くご奉仕をさせて頂いた後、主様はペニス様から私を離され
今から、食事にするか、ホテルにするか聞かれました。
迷いましたが今回は時間がたっぷりありますので食事にさせて頂きました。
主様とは初めての外食です。
今までの逢瀬では時間がなく、普通のデートらしいものはありませんでした。
そんな私の望みを覚えていて下さったのです。
お店に向かう道中、主様に股を全開にされ、スカートを捲りあげられました。
そのまま、クリを愛撫され逝き続けるよう言われたのです。
周りはものすごい人で自転車も沢山走っています。
恥ずかしくて頭が真っ白になり、泣きながら逝き続けました。

お店に入りメニューを注文して待ってる間、向かいには主様がいます(当たり前ですが。。)
じーと見つめられ緊張してドキドキして食事が運ばれてきて
食べる最中もふわふわしてよくわからない感覚でした。
でも、とっても幸せな時間でした。

主様との逢瀬 5回目 (序章)

今回の逢瀬は今までない程の深まりと精神面が完結された逢瀬になりました。
初めての逢瀬から5回目になりますが、途中逢えない期間が5か月あり
仕方がないとはいえ、お互いの求める気持ちは強くなるばかりで
メンタル面も限界が来ていました。
「愛してSM」 「少しのズレも許さない」これは出会った頃
二人の間に一致した思考でした。
主様に初めて縛られた時に運命を感じ、直感でこの方のものになりたいと思い
これまでの間、深まっては不安が生まれ引き戻されるの繰り返しでした。
それは私が初心者で主様はベテランだからという勝手な思い込みで
主様への募る気持ちを素直に出せず自身を押し殺していました。
その全ての迷いや不安が今回の逢瀬によって全てクリアになり
今までにない程の愛の深まりと運命の絆で
お互いが愛しくそして切なく、主様に壊されていく
それは静かにそして激しく深い底のない愛で満たされてゆきました。
プロフィール

繭華

Author:繭華
ブログ訪問有難うございます。
初心者Mで主様から真正だと言われました。
これから主様の色に染めていかれるそうです。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
繭華の逝き様

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
カテゴリ
訪問有難うございます。
閲覧して下さってるお客様
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6069位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
243位
アクセスランキングを見る>>
ブロ友様一覧

愛奴隷と呼ばれるために 〜pledge〜

SM動画データベース

M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

紆余曲折

アダルトブログ宣伝ブログ

大人の談話室 adult lounge

終わりなき妖艶雌達の物語

緊縛の館

青い首輪の女

CoCoの調教日記

天使の臓物

縄艶 Jouen

博士の性癖

人妻が風に吹かれた場合

椿は ぼとりと 地に墜ちた

癒縄 命羅のロープヒーリング

縄はM女だけ 鞭は愛情を込めて

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

ビーチサイドの人魚姫

M熟女satomiの淫乱日誌

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

絆☆遊誠会

時と場所を超えて

奥様はM女「マゾ」

人生一度。調教されてみませんか?

秘密の部屋

Naru&なな「調教記録」

大阪 日本橋 フェティシュSMクラブ Fetishi-sm フェティシズム 公式ブログ

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

マゾヒストからの視点

梨梨子の、ご主人様との事

性処理玩具みきの記録

四国は香川のアートな緊縛・縛り

沖縄SM~緊縛・調教・羞恥・快楽・絶頂・奴隷の世界~

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ゆかりのいろんな日常
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。